審美歯科、ホワイトニング、小児歯科は蟹江町のさかがみ歯科へ
HOME>審美歯科

| 審美歯科 |

審美歯科治療に用いる素材
オールセラミック

天然歯と見間違えるほど高い審美性を持っている素材で、金属を一切使用していません。
オールセラミック冠は、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)です。
非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。
 

メリット
  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
 
セラミックインレー

天然歯と同じような自然な見た目に仕上がり、変色を起こさない詰め物です。
 

メリット
  • 自分の歯に合わせやすい材質なので、自然で目立たない
  • 歯と同じ硬さなので、自然な噛みごごちが得られる
  • 金属アレルギーの心配がない
 
メタルボンド

セラミックと金属(フレーム部分)で作製された素材で、色素が付着しにくいため、ほとんど変色がありません。表面の硬度が高く、摩耗しにくい特徴を持っています。
 

メリット
  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる
 
ラミネートべニア

神経を取る必要もないために削る量が少なく、変色した歯の色を変えたい、歯の簡単な形を変えたい患者様向けの治療となります。
削る部分は、歯の表面になりますので、かみ合わせをいじる必要がありません。
 

メリット
  • 歯を削る量が少ない
  • 歯の形態もある程度改善できる
  • 神経をとる必要がない
  • かみ合わせをいじる必要がない