審美歯科、ホワイトニング、小児歯科は蟹江町のさかがみ歯科へ
HOME>一般歯科

| 歯周病 |

歯周病を予防するには

多くのひとが毎日「歯みがきしている」習慣があるかと思います。
しかし、「磨いている」ことと「磨けている」こととは違います。歯周病やむし歯を予防するためには、原因菌が潜んでいる歯垢(プラーク)を除去することが大切です。それには、毎日の正しい歯みがきで、きちんと歯垢(プラーク)を落とすことが必要です

大切なことは正しい磨き方を身に付けることと毎日の努力

毎日磨いても、歯周病のサインが出てしまうのは適切な磨き方ができないのかもしれません。正しいブラッシング方法を身に付けましょう

正しいブラッシング方法
  • 鉛筆を持つように持つ
  • 歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に当てる
  • 細かく振動させながら磨く
大切なことは正しい磨き方を身に付けることと毎日の努力
 
定期健診で専門家によるお口のメインテナンスをうけましょう
定期健診で専門家によるお口のメインテナンスをうけましょう

歯周病予防には、セルフケアだけではどうしても磨き残しが出てきます
そこで、最大の味方なのが、「かかりつけ歯科医」です。
自分では見つけにくい歯垢 (デンタルプラーク又はデンタルバイオフィルム)や歯石の除去をしてもらい、自分の口に合ったブラッシング方法の指導を受け、お口を清潔に保ちましよう